消えない傷を消すには|湘南美容外科で綺麗な二重をこの手の中に!

湘南美容外科で綺麗な二重をこの手の中に!

婦人

消えない傷を消すには

整形

傷をキレイにするレーザー

腕についた傷跡は色白の方ほど目立つものであり、放置しておいて完全に消えることはありません。傷跡を消すためにはレーザー治療による整形施術が最適であり、傷のある細胞を除去しながら新陳代謝を活性化し、新しい肌細胞を産生させます。やけど、にきび跡、切り傷などの種類によって異なるレーザーを使い分けていきます。かなり大きな傷跡に関してはレーザー治療よりも手術が選ばれることが多いです。傷を残しておくことは、場合によっては社会的信用を低下させかねません。目立つリストカット傷によって、転職で不利になるという話は普通にあることです。最近のレーザー治療は精度が高くて、かなりキレイに治すことができます。リストカットの場合でも、それだとバレないレベルまで薄くすることは可能なのです。

早期改善の日常ケア

美容整形ではレーザー治療のあとに、傷跡を早期改善させるためのアドバイスを行っています。傷にとって乾燥と紫外線は大敵なので、しばらくは傷のある部位の肌露出を避けて保湿を徹底してください。保湿をすることで代謝機能とバリア機能が向上し、肌が元通りになるのを促進してくれます。クリニックでは保存療法と並行することも多く、新陳代謝を促進するためにビタミンを摂取するなど、食生活の指導も行っています。かさぶたは剥がすと治りが遅くなるので、皮膚化するまでそのまま待ちましょう。傷跡をキレイにすることは、メンタル面でのケアにもなりますから、目に見える部位の傷ほど優先的に治療するべきです。レーザー治療は1回で終了することもありますが、5回以上かかることもあります。