4つのタイプの特徴|湘南美容外科で綺麗な二重をこの手の中に!

湘南美容外科で綺麗な二重をこの手の中に!

婦人

4つのタイプの特徴

目元

早期の対応が必要

目のクマは適切な治療を受けることで治るものであり、年齢によるものや、生まれつきのものとして諦める必要はありません。むしろ、早い人は十代の若いうちから発生し、放置しておくと年齢とともに悪化していくため、目のクマは解消できるものだということを知り、早期の治療を行うことが大切です。目のクマはその発生の仕方から4タイプに分類できます。一つ目は青いクマが発生するタイプであり、その原因は血行不良により、青黒くなった血液が皮膚の薄い目の下を通る際に見えてしまうことがあります。二つ目は茶色いクマが出るタイプで、これは紫外線等の肌ダメージが累積され、加齢とともにメラニン色素が沈着してしまうためです。3つ目は黒いクマができるタイプで、脂肪やたるみにより下瞼が突き出て、目の下に影ができてしまうためです。4つ目は同様に黒いクマが出るタイプで眼球部がくぼんだ形状になるために同様に影ができてしまうタイプです。自分の目のクマのタイプを知っておくことで、治療を効果的に行うことが可能となります。

4つのタイプの特徴

それぞれのタイプにおける治療方法は、1つ目の青いクマが発生するタイプでは、青黒く変色した血液を元の色に戻す必要があります。血流の流れが滞り、酸素不足で変色しているので、この症状の軽度の場合には目の周りを温めて血行を良くすることも解消効果があります。重度の場合は専門医院に受診に行き、眼球回りの皮膚の再活性化を行います。2つ目のタイプの茶色いクマが発生するタイプでは、メラニン色素の沈着が原因となるので、レーザー治療やレーザートーニングによる色素の破壊により解消することが可能です。3つ目のタイプの下瞼のたるみやしわ、脂肪が影になり、黒い影ができるタイプは、しわやたるみの外科的な切除、あるいはヒアルロン酸注射等によるしわの改善を行います。4つ目の眼球がくぼんでいることにより影ができるタイプでは、くぼんだ箇所にヒアルロン酸や自分の脂肪を注入することで盛り上げることで解消できます。それぞれのクマのタイプによって特徴があり、有効な治療法が分かれるため、多様な治療法を実施できる医院を選ぶことが大切です。